将来の夢として、自分の住まいとして古民家を買いとって、田舎で暮らしたいと思っています。

住まいにはこだわりを持ちたい

住まいとして古民家を買いとって田舎で暮らすことに憧れています

住まいにはこだわりを持ちたい 将来の夢として、自分の住まいとして古民家を買いとって、田舎で暮らしたいと思っています。古民家とは、いろいろな定義の仕方があるようですが、築年数で言うと50年以上のものが対象となっているようです。築100年を超えるものも決して珍しくはないようです。そんな古民家を買いとって田舎で暮らす、いわゆるスローライフと言われるライフスタイルに憧れているのです。

とは言っても、田舎暮らしにも、スローライフにも古民家が欠かせないというわけではありません。しかし、日本古来の建築方法で建てられたもので、100年以上も前から日本人の暮らしを支えてきたことを考えると、理想のライフスタイルを実現するためには欠かすことのできないものと考えるようになりました。しかも、購入費用は安く抑えることができます。リフォームには、少しお金がかかるでしょうが、それを超える魅力があります。それに、古いものだから、耐震性などが問題なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。古民家は頑丈な木造家屋が多く、木造建築は、年数が経っても、その頑丈さをしっかり維持できるものなのです。ですから安全上の問題は一切ないということです。